Étiqueté : 弁護士は事件の処理に当たり必要かつ可能な事実関係の調査を行うように努める

フランス語学科同窓会による個人情報無断開示事件(16)

同窓会から届いた8ページにわたる「反論書」には、なぜか肝心の部分に言及がなく虚偽を事実上認めています。にもかかわらず、一方的に話を打ち切るとのご主張… 風間烈さんと池田昭さんは、なぜ平気でうそをつくのですか? なぜ、うそをつくなと言われて沈黙するのですか? どうしてうそをついたまま議論を一方的に打ち切るのですか?